家で作るポテトチップス

今回はポテトチップスです。

 

ポテトチップスは、誰もが知っているお菓子です。

しかも大手メーカーが大体的に販売もしているので、「簡単に作れる」って思ったんです。

 

で、作ってみると出来ない。

 

何回も試して作ってもできないんです。

 

「スーパーに行けば袋詰でたくさん売られているから、そんなに大変じゃないはずだ」と思いつつも、実際が出来ない。

 

どうしても出来ないんで、勘で作るのをやめて、一つひとつメモに残して、それで今回やっと出来ました。

 

率直に言って、簡単そうに見えても、見様見真似ではなかなか・・・・・

 

 

と言うのが感想です。一週間毎日揚げ続けてやっとです。ここまで時間がかかるとは・・・・(涙)。

 

 

と言っても、調理自体は難しいもんじゃないんです。いや、なかったんです。

 

「じゃあ、なんで???」と言うと、適当に薄く切って揚げればオッケーと思っていた先入観がいけなかったんです。今もうと・・・・

 

 

 

「そんなの薄く切って、さっと揚げればオッケー」と思っていましたら、このレシピは面白いです。

 

 

 

作り方

【材料】1~2人分

じゃがいも 1個(メークイン使用、男爵は焦げやすいかな・・・・)

油 適量
塩、コショウ少々

●調理時間:30分ほど


〜・〜・〜・〜・〜・〜

今回はいたってシンプル。
材料はじゃがいもだけ。

そりゃそうですよね、ポテトチップスなんだもん!

でもね、シンプルなだけにシンプルじゃないのもポテトチップスです。

まず、じゃがいもをよく洗います。
種類はメークイン

 

新じゃがなら皮付きのままたわしで擦って、よく回りの水分を拭き取ってください。
皮が厚めで気になる場合はよく拭いてから皮を剥いておきます。


フライパンに油を入れ火にかけます。

 


今回温度計がある場合は使った方がお薦め!
じつは温度管理が鍵です!

まず、じゃがいもを切ります。スライサーでも良いし、包丁で切ってもいいです、でも、今回はスライサーに分があります。

 

そうそう、調子に乗って沢山切って置くと赤くなっちゃいますから、ここは、適度に切って揚げる感じで進めるといいです。

油の温度が140℃近くになったら1枚ずつ入れていき
じゃがいも同士が重なり過ぎないくらいで止めておきます。(ポイント)

 

 


 

水にさらしてから揚げ方法もあるようですが、さらしません。




温度計を見ながら140℃前後を保つように火を調整し、2分ぐらいしたら1枚ずつひっくり返します。

焦げないように気をつけならが泡がほとんど出なくなるまで揚げていきます。

 

 




揚げたら、それをちょっと押し付けてみて下さい。

じゃがいもがしなるようだったらまだ早い状態です。食べてみるとシナっとして、薄いフライドポテトの様になります。

目安は、押してもしならない位です。

これで、美味しいパリッとしたポテトチップスの出来上がり!!!

 

あとは、重ならないようにバットに広げ・・・・、この時縦に並べていくと油がよく切れます。

 

そうそう、今回のポイントを改めて書いておきます。それは温度。

薄く切って揚げればとおもって普通に揚げると、外側は焦げ始めているのに、中はシナって、、、

 

「ならば」と思って、低温と言われる温度で揚げても焦げる。

 

そしたら、これならどうか、これならどうか、となって、やっと見つけたのが140度。この温度で揚げるのがポイントです。

あとは、なるべく均一にスライスする事。



”あたたかいポテトチップ”って言う、ちょっと他にない贅沢を楽しんでください。




出来上がりはこちら


塩をパラパラってしたり、ぷらすしてコショウを振ったり、定番の青のりを振ってもいいです。この時良い青のりを使うと、ほんと味がちがいます。

それと!カレー粉もお勧め!!!

色々な味付けを考えると楽しくなります。
↓     ↓





今回使ったフライパンはこちら

板が厚いので、温度管理もしやすいのが特徴です。

↓     ↓