豆乳で作るとろ~りとしたクリームコロッケ(小麦牛乳不使用)

 

とろっとしたクリームコロッケのレシピです。

今回とろみは米粉で作いました。こう言うのは小麦粉でないと出来ないと思っていたんですが、出来ると嬉しいもんです。

具はズワイガニの缶を使いましたので、ズワイガニのカニクリームコロッケです。

 

衣のサクっとしたパリ感と、中のとろ~っとする感じの中からカニ味を感じるのが、このレシピの良いところです。

「サクッパリ」「とろ~~」のカニ味って感じです。

 

 

話はちょっとずれますが、雑誌で見た料理も、ホントにつくれるのかな・・・・・と思いながら実際作ってみて、それが作れると嬉しいもんです。

 

こう思うと、いつの間にか「出来ないだろう」と思ってしまって作らない料理って結構あるのかもしれません。

 

そうそう。今回のコロッケのクリーム加減については、始めのうちはちょっと・・・・という事もあったんですが、そういう事をアイデアで補っていくのがおもしろて、こう言うのもお料理が面白いと思う理由だと思います。

 

もし良かったら、「出来ない」と思わない練習だと思って、今回のクリームコロッケを思い切って作ってみて下さい。

 

揚げたてを口に入れれば、米粉のクリーミーさも好きになると思います。

 

※美味しさ、作りやすさとクリーミーさの配合を簡単に表にしました。ページ下に書きましたので参考にして下さい。


 

 

 

 

 

材料
カニ(カニ缶を使用)40~45g、豆乳200cc、米粉大さじ5、バター20g、パン粉(米粉パン使用)、キャベツ
揚げ油はごま油を使用(今井精油製)

●調味料
塩少々、コショウ少々

●タルタルソースの材料:玉子1、酢玉ねぎ(今回は酢玉ねぎを使いました。生の玉ねぎでもピクルスでも出来ます)、マヨネーズ

 

 

 

作り方

 

キャベツを切っておきます。

 

フライパンに豆乳と米粉、塩、コショウを入れ、かき混ぜながら弱火で加熱します。

 

米粉に火が通って固まり始めたら、カニを入れてからバターを入れます。バターを入れる加減は、具材をいれてから判断すると良いです。出来たらバットに入れて冷蔵庫で冷やします。

 

 

冷やしたほうが成形しやすいのですが、作った感じでいけそうなら特に冷やす必要はありません。

とろり感で判断すると良いです。

 

具材が冷えたら、油を付けた手でコロッケの形を作ります。今回は俵型にしました。

 

これに水で溶いた米粉を付け、それにパン粉をつけます。パン粉は米粉パンを使用しています。

 

 

それを180度前後の温度で揚げていきます。揚げている時、音が変わる時があります。この位が揚げの加減です。

 

 

美味しいので、熱々でどうぞ。


 

今回使ったフライパンは「お弁当天ぷら鍋」です。小さ目で油の量も少なく、使い勝手は小回りが利くのが良いところです。このサイズながら贅沢に板厚の厚いタイプで作っています。

 

 

タルタルソース編

ゆで卵、酢玉ねぎとマヨネーズでタルタルソースを作ります。


 

豆乳に対して米粉とバターの配合です。参考にどうぞ。※すべて豆乳200ccに対してです。

 

  クリーミー感 作りやすさ 味やコク
米粉大さじ5・バター10g もったりする 作りやすい コクは薄い
米粉大さじ5・バター20g 少しとろっとする 作りやすい 少しコクがある
米粉大さじ5・バター30g とろ感が増す 入れる具材によっては作りにくい事がある バターの風味を感じる
米粉大さじ3・バター10g 少しとろっとする 入れる具材によっては注意 コクは薄い
米粉大さじ3・バター20g とろ感が増す 入れる具材によっては注意増 少しコクがある

 

今回のレシピはグルテン不耐&乳糖不耐でも使える料理です。バターはその殆どが脂分なので使っています。ポイントは塩とコショウの配合と、米粉に火を通すことで美味しいのができますので、作ってみて下さい。