お弁当用におすすめの「小さい天ぷら鍋」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お弁当作らなきゃ」って朝が始まります。月曜日から金曜日、土曜、日曜は部活があるから、結局は毎日お弁当を作ることだってあります。

ここじゃ言い難いけど、おかずなんて工夫できたのは、はじめの一週間。それまではなんとか頑張れたけど、その後は、ほとんどマンネリして、その挙句は切り方を変えれば違うおかずに見えるかな、と思って見たりしたものの、そんな都合のいい話はやっぱりなくて、時には「ごめん!!」と言いながらお弁当の蓋を閉じる時だってあります。

でも、そんな時は、お母さんを思い出すんです。「お母さんもこんな事を思って、お弁当作ってたのかな~。毎日作っていたんだから偉いな~。今更だけど、もっと美味しかったとか言ってあげればよかったな~。

そうだ、たまには電話してみよう」 もちろん体に良い事って事で「全て手づくりのおかずで」って、思ったりもするけど、そこは今時だから、許してもらいつつも・・・・・・・・やっぱりお弁当持たせてやる事は、なんとか続けたいな、と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐揚げと天ぷら鍋

弁当の定番の唐揚げも、美味しくあげるコツは油の温度変化を少なくすること。そんな美味しく作りたいお弁当にも役不足にならないよう、板厚だって2.3ミリの厚いものを使っています。たかだかお弁当作りを越えたお弁当、いや、少しでもバランスよく、そんなやさしい気持ちを応援したいと思い、贅沢に2.3ミリものを使っています。

 

 





お弁当天ぷら鍋の詳しく

板厚は、このサイズでは贅沢に2.3ミリものを使っています。

この2.3ミリの物はフライパンの場合じっくり熱を伝えることに向いたタイプですので、そのいい所を活かして、このサイズでありながら、この板厚を使っています。なので、この揚げ鍋は保温効果をもたらしてくれ、「揚げ物は、あまり上手に揚がらないのよね」と言う方のお手伝いをしています。

持ち柄は実にシンプルで、鉄のものを使っています。

それはこのお鍋が小さいので、鍋肌から上ってくる熱によって鉄意外では焦げたりしてしまうためで、鉄ならそんな事はなくなります。長く使える様に、このタイプを採用している理由はここにあります。

 

揚げ鍋の内側は、柄を止めるビスなどはなく、内面は出来るだけスムーズにしています。

それは、なにかが出ていたすると、それがキッカケで油汚れがたまるなどになってまうからです。

お鍋の表面には凹凸があります。これは鍛造跡です。鍛造とはたたいて整形する方法です。なのでキレイな量産品の様なもの求めていられましたら、このお鍋はお気に召されないかも知れません。
でも、このたたいて形作ることで鉄は熱伝導がよくなり、美味しい揚げ物を作るあなたの片腕としてその役割を果たしてくれます。

表面にはコティング材などは何も施していません。鉄のまんまです。その理由は鉄にはサビがつき物ですが、そのサビをおこさせないために、またこびりつきをおこさせないためにそういったものを表面コーティングする場合がおおくある中、そうではなく鉄を上手に使う事でそういった効果は十分にだせると考えているためです。
また、調理すれば天ぷら鍋は必ず高温になるため、それにも耐えられるものとして考えた場合もこの方がいいと思うからです。

深さは約6.2cmです。このサイズで揚げ物をする場合の油量は500cc位から、たっぷり使って揚げたい場合でも油量は650cc位の少量で可能になります。

 

 

 

 

「この天ぷら鍋は」

 お昼ご飯を外食ですますって、はじめは「今日は何食べようかな~」と楽しみなんですが、一週間もすると飽きてしまうんですよね。それで、更に進むとその内「こんなんでいいや」って、適当になり、その次に思うのは「栄養とか、バランスとか、こんなんでいいのかな・・・」って、少し疑問にもつようになるんです。

 でも、お弁当は違うんです。まあ、完璧にとまではないまでも、そういったものがある程度は考えてくれていて、しかもお昼時間になったら直ぐに食べる事ができるので、昼休みもしっかり取れて体も休まって昼寝までできる時間が出来たりするんです。時間、休憩、体が休まってリフレッシュできる、こんな点からも結構お弁当はいいことづくめだったります。この揚げ鍋は、そんなお弁当作りを思ってお弁当の仕度をする方の応援が出来ればと考えました。

 と言っても、単なる”揚げ物が出来ればそれでいい”と言うレベルではなく、板厚だってこのサイズには贅沢なものを使っています。それには理由があります。揚げ物を上手に揚げるコツは、昔から油の温度を保つ事と言われているからです。

 「お弁当なんて、お腹が満たせれればいい・・・・」と考えてしまう時もあると思いますし、お弁当でそこまで・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、毎日でなくても、これで美味しいのを揚げてあげてください。

 お弁当を持っていくって、単に、お昼に腹が減ったから食べるものではない事に、きっと気がついてくれると思います。

 それと、揚げ物は自信ないな・・・と思っていたら、天ぷら鍋に油を入れて、多目の量をいっきにあげるのではなく、初めは少量づつをこまめに揚げて行くと、天ぷら鍋と揚げ物の使い方と言うか、使うフィーリングがつかみやすくなります。なので、あまり特別なものと構えず、数多く揚げて行くと上手に使えて、お料理上手への近道になると思います。末永く可愛がってあげてください。

 

 

 

 

 

この天ぷら鍋について

その一、直ぐにお使いいただけます

「焼き込み磨き」をしたものをお届けしておりますので簡単に洗って頂いた後直ぐにお使いいただけます。またこの「磨き」が入った表面は、鉄を使う上で最も重要な「油なじみ」を更に良くしてくれています。

 

その二、使い捨てではありません

鉄は長く使える道具でもあります。そんな年と共に重ねることが出来る「愛着の道具」として錆落しのサービスも行っております。どうぞ可愛がってあげてください。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

その三、強火でも、弱火でも使えます

強火だからこそ美味しく出来るお料理もあれば、弱火で調理するするものがあったりとお料理は実にさまざまです。この揚げ鍋ならと言っても天ぷら鍋では焼いたりする事はないと思いますが、鉄はそういった「強火」「弱火」どちらでも使える銅です。また鍛造製法による効果がしっかり熱を伝えてくれます。※強火での揚げ物は温度の上がりすぎにご注意ください。

 

 

 

 

 

 

「お弁当揚げ鍋22cm」板厚2.3ミリもの


 この天ぷら鍋は、ひとつ一つお仕立てしています。なので出来上がりがどれも同じという事がありません。

また 揚げ鍋ひとつ、形になるまで手間をかけ、鉄のペースで出来上がりますから、こんな工程自体、まるで時代を逆行するよなものですから、今の時代にあっているかどうかはわかりません。

もしかしますと、こういった事が苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、やっぱりこの天ぷらなべ、どこか可愛いんです。

「小さいから可愛い」と言う事もあると思います。でも、それだけではないと思っています。
 一つは、この揚げ鍋を使っていくと黒くなるのですが、上手に使い込むほど黒く光り、更には結晶が積もっていきます。
この黒光りしたものは炭素の結晶ですが、これが鉄の厚みだけではかなう事ができない効果を作ってくれたりもします。

例えば鉄の天敵に錆がありますが、その錆から守ってくれたり、熱のあたりを和らげる、また保温効果も鉄の板厚以上の力を叶えてくれます。


それならば、これが直ぐに出来ればいいのですが、実は直ぐに出来るものではなく、年月を重ねてやっと出来るものです。

”思っているように直ぐになってくれればいいのですが、なかなかそうならない”まるで子育てや、人を育てる事と一緒です。

こう考えると、その黒光りして積もった層は、目で見える過ぎた時間が形になったものであって「美味しい」とか「良い味」とか、だれも言ってくれないと思っていても、天ぷら鍋は、ちゃんとあなたを見てくれていたんですね。

そして、そんなある日、このお鍋をのぞけば、運動会のお弁当もこれで作ったな~、とか、夜になって「明日、部活でお弁当もって行くから」なんて突然言われたり、すみませんと言いながら2日前のお弁当箱を出してきたりと、そんな事もあったな・・・、なんて色々思い出したりして、大変だったけどちょっと温かい気持ちになる。そんな風に、この天ぷら鍋が活躍できたらと思っています。

このサイズでも板厚2.3ミリを贅沢に使っています
「お弁当天ぷら鍋22cm」¥17,880

数量:

 

    

 

径のサイズ/径/深さ/重さ/22cm/6.2cm/970g●価格は税込みです●サイズにつきまして、量産製品ではなくひとつ一つの仕上げの為、サイズに多少の違いが生じる事がございます。●家庭用品法に基ずく表示/本体:鉄製 柄:鉄


※「焼き込み磨き」をひとつ一つ念入りに行っております。

(只今のお届けについて詳しくはこちらです)