お料理一覧→上手な「ソースカツ丼」編

このドーナツ、前にも作った事があるんですが、今回も改めて作ったんです。

 

そうそう、ドーナツってご当地メニューと言うか、もともとはオランダのお菓子だったそうですよ。

でも、今、ドーナツって言ったらアメリカですよね。

よくアメリカ映画とかで、ドーナツを食べてる警官とか教授とか、そんなシーンを良く観ます。

 さあ、

今回は、そのドーナツをアレンジしたバージョンです。

 

そう、よくドーナツ屋さん見るあのドーナツですよ。

観る度に欲しくなるあれです、が!!

 

「あ〜〜これ、食べる時ポロポロしちゃいそうで・・・・」と思うんですよね。

 まったくその通りですよ。

 

でもね・・・・

そう言うのに限っ「美味しいそう」って思うもんなです。

どうでしょう。今回その「美味しそう」のために作って見てください。

揚げ物は油の量も気になると思いますが、これなら大体350ccくらいで使える天ぷら鍋です。

【今回使った天ぷら鍋は】

サイズ19cm板厚は厚めの2.3ミリ深さは約6.2cmの深いタイプです。

また注ぎ口もつけられますので、ご相談ください。※IHでご使用の場合はちょっとお薦めできません。

 


レシピのおさらい

材料約7コ分

 【生地】
 薄力粉120g、砂糖大さじ20g、玉子1、牛乳大さじ1、ココアパウダー大さじ2.5程、ベーキングパウダー小さじ2強
 
 トッピング
 その1、チョコ100gほど その2、ポリポリ粉砂糖のトッピングはマーガリン大さじ1、粉砂糖2(調節可)

 つける用に砂糖大さじ4と水大さじ4を火にかけ 水あめ状にして置きます。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

揚げ方と作り方です。

と言ってもドーナツは前回とあまり変わりありません。いや、いや。。。。同じですが、更にふっくらさせるポイントも書きました。

まずはポリポリトッピングを作ります。

マーガリンに粉砂糖をいれて炒めます。ふつふつと全体が盛り上がるくらいになったら、そのままペーパータオルの上に広げ粗熱をとります。

粗熱が取れたら、ポリポリと小さく砕いてポリポリトッピングの出来上がりです。



次はドーナツ生地作りですよ。

まずベーキングパウダーとココアを一緒に振るいます(ポイント)。そこに玉子と牛乳と砂糖でこねます。

かたさは、だんごになる程度です。それを1cm以下位にのばして、ドーナツ型に抜きます。

この時、抜いた生地は霧吹きしたり、濡れた布巾をかけたりして乾燥を防ぎます(ポイント)。



さあ、ここから揚げです。油は低温にしてじっくり目で揚げます(ポイント)。

揚がったら、つける用に用意して置いた砂糖水につけて、次にポリポリ粉砂糖をつけて出来上がり。


今回はもう1つチョコバージョン。チョコは湯銭で溶かして、そこにドーナツをつけて出来上がり。


そうそう、もし、もうちょっとドーナツをふっくらするなら、ベーキングパウダーを多めにして、砂糖も多目にすると良いですよ。この時生地のばしは1cm以下ではなく5ミリ位まで薄くしても良いと思います(ポイント)。


 

「鉄フライパン」無料メールマガジン 

鉄なんて使いづらい」とおもっていませんか?そんな事はありませんよ。鉄フライパンを使えるとかっこいいし、「あら、鉄使ってるんだ」なんてちょっと見直されたりして、鉄フライパンは楽しい道具なんです。そんな内容と手作りのおやつや鉄のフライパンのお料理と、その秘訣もこっそりお知らせしています。※新商品や商品の出来上がり情報も随時掲載。

メールアドレス

メールアドレス

配信方法はマグマグのシステムを使っています。

 

あじねフライパン商品一覧へ

Copyright (C) 「あじねフライパン」.All Rights Reserved.