もやしが美味しい「レバニラ」

 

「もやしを美味しく」それが、今回のテーマです。

それで何がいいかと考えました。

あれこれあったのですが、やっぱりこれがお薦めなので、この「レバニラ」を作りました。

多分、以前に、いや・・・・、かなり以前に一度紹介したと思うのですが、

それでもやっぱり美味しいので紹介します。

もし、レバーは苦手と言う方がいらっしゃいましたら、レバーを豚肉に変えて作ってみて

ください。もやしの炒め加減は同じですので、きっと美味しいのができます。

※レバーは下準備が必要だったりするのですが、そのポイントも書きました。

この方法は、はじめちょっと手間がかかりますが、効果は大なので味もかわります。

それで、もし美味しくできましたらあなたの18番に加えてくださいね。

 

 

 

【材料】二人分

レバー150g程 もやし1袋 にら1束ほど
塩、コショウ、片栗粉 醤油、おろしにんにくなどは少々です

調理時間:20分位

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

まずは、野菜の準備です。

もやしは簡単に洗ってから、水切りをしておきます。ニラは、軽く洗ってから適当な長さにきっておきます。


さあ、次はレバーの下準備です。

レバーの下準備には、牛乳につけたりする方法がありますが、今回はもっと効果がある方法です。


それは、、、、

直接取ってしまう方法です。これ、簡単なうえ効果が大なのでお薦めです。



それで、その方法とは、レバーをスライスすると中から血の固まりが出てきますが、これを割り箸などで摘まんで直接とります(ポイント)。

これだけです。


多分ですが、これをやるだけでかなり味が違います。

さあこれが出来たら、醤油大さじ1におろしにんにくを少々いれレバーとあえます。


※この作業を前日からやって味を染み込ませようとすると、恐らく浸透圧の関係でレバーがなんとなくパサパサするので直前が良いと思います(ポイント)。



ここまできたら、レバーに片栗粉をつけて揚げます。

私は、この片栗は沢山付いていた方が美味しいと思いますが、気になる方はパタパタして少なくしてください(ポイント)。


さあ、ここからは揚げです。


鉄フライパンに油を入れて、加熱します。

レバー自体熱が通りやすいので中温位であげます。

揚がったら、バットに移して油を切って置きます。


ここからは、仕上げの炒めになります。




もやしもニラも熱の通りが早いので、手際が勝負。


まず、鉄フライパン油をひき、煙が出てくるまで食材はいれません。

それで、煙が出て来たら、ひと呼吸置いた位にもやしを入れます。

もやしがジュっとなって少し炒めた位に、ニラを入れフライパンを振りながら炒めます。

ニラなどは。ホント火が入りやすいので手際よく進めます。


そうしたら、塩、コショウをして数回フライパンを振って調味料をなじませたら、醤油をいれます。

が、醤油は食材にかける様にいれるのではなく、鍋肌めがけて入れます(ポイント)。


この方法は教えてもらった方法なので、なんでそうなの?

と聞かれると分からないのですが、
鍋肌を使った方が、なんとなく美味しいのでお薦めします。



これで味を決めてから、最後に揚げたレバーを入れ
数回フライパンを振って野菜と絡めます。


これで、出来上がりです。


レバーの食感もいいですが、もやしのシャキシャキ感を、ぜひ、楽しんでくださいね。

 

 

 


(メールマガジン235号のレシピより)